■御蔵島12

日 程2014.6.26〜28
内 容3ドルフィンスイム
透明度10〜25m
水 温23〜24℃ ウエットスーツ(フード、インナーベスト)
見た魚バンドウイルカ、アオウミガメ、ニザダイ、タカベ、ツノダシ、等
You Tube HD動画 (8分13秒)
mk12tati.png mk2taki.png
竹芝桟橋に係留中の橘丸白滝
mk12unde.png mk12doup.png
キュートドアップ
mk12karam.png mk12kara2.png
絡み合い生殖器むき出し
mk12kara3.png mk12kara4.png
群れが集まり…イルカ玉に
mk12zujyo.png mk12siro.png
すぐ頭上を通過小枝枝雄こと、しろくま君
mk12mesen.png mk12aomu.png
2頭の目線仰向け
mk12sanb.png mk12boro.png
桟橋を望むボロ沢橋
mk12kiro.png mk12toku.png
雨の中の帰路特2等の寝台
デジタルムービー Canon iVIS HF M41
ハウジング Canon WP-V3
ワイドレンズ INON UWL-H100 28M67 Type2

今年もちょっと早めの夏休みが取れることになり、やはり恒例のイルカということで、9度目となる「たまのまるごと御蔵島ツアー」に行く事に決め、6/1(日)メール予約する。 併せて東海汽船のチケットをWeb購入、特二等の定価は片道¥12,450だが、クレジットカード決済で平日等の通常期で20%引(¥9,960)。 またヤフオクで、東海汽船の株主優待券を往復分2枚購入。

今年の関東甲信越の梅雨入りは平年より3日早めの6/5(木)、早々に大雨の日々が続き、やきもきしながら出発の日を待つ。 6/11(水) まさかの台風6号は温帯低気圧になるも、海上シケで波高3〜4mの予報、宿に連絡すると島に着岸出来るかは半々、黒潮も離れてしまい透明度も良くないとの事、リスケを決める。 御蔵島に着岸出来ない可能性のある「条件付出港」なので東海汽船のキャンセルも手数料なし、改めて2週間後に再予約する。

■6/26(木) いよいよ再出発の日。 夕方に東海汽船のHPを見ると、、、「条件付出港」のいつもの☆マーク (^^;;  19:00 宿に事前の電話確認、特に問題なく、無事行ける事が決定。

メッシュバックを折りたたみ式キャリーカートに括り付け 21:30 浜松町駅へ。 途中のコンビニで翌日の朝食を買いながら、駅から歩いて約10分で竹芝桟橋に到着する。 Web購入画面を印刷した紙を渡して乗船券を受け取り、株主優待券35%割引との差分¥1,860を返金される。

22:10「さるびあ丸」に乗船、22:20 出港。 特2等のカーテン付きの二段ベッド、硬い床で毛布1枚付き。 外に出ると、すぐ後ろには、明日からの就航を控えた新造船「橘丸」が係留中。 他のお客さんは知らないのか、誰も気にしていない様子 (^^;;  しばしデッキでレインボーブリッジなど夜景を眺め、23:30 に消灯となる。なお docomoアンテナが設置され、船内でも電波が通じるようになっていた。

■6/27(金) 殆ど揺れもなく、5:00 三宅島に寄り、6:00 御蔵島へ到着、桟橋の北側へ無事着岸する。 港から車で3〜4分、5部屋の民宿「次郎丸」へ到着する。 持参した朝食を食べて一休み。

7:50宿を出て、8:00広瀬船長の「海青丸II」で出港。 たまちゃんのお師匠さん、11年前に (^^;; 葉山の素潜り練習でお会いした三宅島「DOLPHIN CLUB・TAG」の田口さん含め、ゲストは5名。 天気は曇り時々雨、御蔵では奇跡に近いような、ほぼベタ凪。 周囲16kmの島を左回りに一周、イルカ探しに向かう。

黒潮が戻り透明度は15〜25m位と良好、水温は23〜24℃でウエットスーツにインナーベスト、ウエイトは4kg。 2時間でエントリーは10回位、イルカの動きを読んで船長がGOサインをくれるので、素早く入ればイルカとの遭遇率は8〜9割。

生殖器を露出させ、激しく絡み合う若いオスイルカたち、将来の繁殖の練習とも言われる行動。 頭をクネクネさせながら、人間の間を縫うように泳ぎ回る一頭のイルカ、深場に行ってしまったと思いきや、Uターンして戻ってまたクネクネ (^^;;  横一列に弾丸のように通り過ぎていくイルカたちも。

11:00 宿で早めの昼食、11:50 車で港へ向かい、12:00 出港する。 鼻から泡を出しながら、猛スピードで移動している群れ、一頭だけ我れ関せずとゆっくり移動するのもいて面白い。 2〜3頭の群れが次々に合流して、絡み合いが発生、果たして何をきっかけに絡み合いに至るのか興味深いところ。 自分が浮上している時に、後ろからすぐ頭上を通り過ぎるイルカがいて、ドッキリ! もしかして人間にどれだけ接近できるか、イルカたちのチキンレース!? (^^;;

16:15 車で島内散策に出発、「鳥の尾」から港を見下ろす見事な眺望。 集落を離れ、落ち葉でタイヤがスリップする一車線の狭いクネクネ道を登り、「ボロ沢橋」の湧き水まで、ちょっと遠出のドライブ。

18:00 夕食、船長差し入れのキンメダイの刺身と味噌汁が美味、明日葉の生春巻、三宅産のニガタケなど、島産メニューもたっぷり。 食後はガイドの撮っていたビデオを見ながらのログ付け、イルカレクチャーも。

■6/28(土) 6:20 初運航となる「橘丸」の朝便でゲストが到着、7:50 港へと向かう。 8:00 結構な雨降る中の出港、ゲストは7名。 低気圧の影響で島の東側は荒れ気味で、顔に当たる雨粒もかなり痛い程、南側の途中で引き返し、西側でイルカ探しとなる。

透明度は昨日よりやや落ちて10〜15m。 土曜日だけに、三宅も含め11隻のイルカ船が出てたそうで、狭い範囲で同じ群れを追い掛けているせいか、殆ど素通り系。 去年も見た「小枝枝雄」こと、背中の白い模様がそう見えるので勝手に名付けた (^^;;「シロクマ君」のいる群れが何度も登場。 前日は曇りでも後半寒く、午後はフードも被ったのだがそれでも寒く、この日はボートコートを借りて大正解だった。

11:10 外は強い雨、時間もなく、宿で冷やしうどんの昼食(¥600)、ガイドの撮ったビデオを見つつログ付け。 ウエットや水着などビショ濡れのままで、洗濯機で脱水させてもらい、慌しく器材を荷造り。

12:00 港へ送ってもらい、待合室2Fで乗船受付、優待券で復路分の返金。 本日初運航日「橘丸」の復路、新造船で性能が良くなったはずなのに(^^;; 悪天候で予定より遅れて到着。 雨のため送迎車が搭乗口近くまで付けられ、13:10初乗船、13:15 出港。 特2等の寝台がマットレスになっていて、腰痛持ちには大助かり(^^ゞ  各々に100円返金タイプの貴重品ボックスもついて有難い。

みんな興味津々で船内見学、設備はどれもピカピカの新品できれい。 従来にはなかったエレベーター、大小のコインロッカー(有料)、大きな荷物の置き場、2等和室の頭部分の仕切りなどグッド。 問題は、建坪率(?)を高めるためか船外の両脇の通路がなくなった、食堂や軽食自販機のメニューが代わり映えしない、否否片論 (^^;; の船体のカラシ色。 初航海日につき伊豆大島の岡田港にも立ち寄り、20:40 定刻通り竹芝桟橋に到着した。

■なお今回かかった費用は、東海汽船「竹芝⇔御蔵島」船代 往復16,200円(6月は株主優待券で35%引)、株主優待券2枚 2,010円(送料・振込手数料込)、まるごと御蔵島ツアー24,400円(1ドルフィンスイム、1泊3食付き)、追加ドルフィンスイム2回 18,000円だった。

今回リスケの旅となってしまったが、今後は大島航路となる「さるびあ丸」の最終航路日、新造船「橘丸」の初運航日に乗れたのはラッキーだった。 なお約28年、伊豆諸島航路で活躍した「かめりあ丸」は6/8(日)に最終航路を迎え、今後はアジア諸国の船会社に譲渡されるとの事。

今回は黒潮には恵まれたものの、雨には祟られてしまい、果たして次回はいつ頃にすべきなのか、いつもの悩みどころである。


  ・ 御蔵島リンク    たまのまるごと御蔵島ツアー 今回利用したツアー
東海汽船 伊豆諸島への航路

東邦航空 島からのヘリコプター

海の天気図 海水温の分布速報
御蔵島村の天気 YAHOO!天気情報

御蔵島村公式HP 島の案内
みくらしま観光案内所 御蔵島観光協会公式ホームページ
御蔵島桟橋カメラ 桟橋の静止画像

DOLPHIN CLUB・TAG 素潜りの練習、御蔵ツアー
  


[Home] [Back]  " My Diving Page " by Lonver at 2014/8/3.