■御蔵島14

日 程2016.6.26〜29
内 容3ドルフィンスイム
透明度10〜20m
水 温20〜21℃ ウエットスーツ
見た魚バンドウイルカ、アオウミガメ、ニザダイ、タカベ、ツノダシ、等
You Tube HD動画 (2分22秒)
mk14.jpg mk14.jpg
水面移動チラ見
mk14.jpg mk14.jpg
激しく接近下から
mk14.jpg mk14.jpg
おネム…赤ちゃん
mk14.jpg mk14.jpg
アオウミガメ今年の赤ちゃん
mk14.jpg mk14.jpg
ツゲの木スタッフ用ログハウス
デジタルムービー Canon iVIS HF M41
ハウジング Canon WP-V3
ワイドレンズ INON UWL-H100 28M67 Type2

今年もちょっと早めの夏休み、やはり恒例のイルカということで、11度目となる「たまのまるごと御蔵島ツアー」に行く事に決定。 5/25(水)メール予約、併せて東海汽船のチケットをWeb購入、5/30(月)ヤフオクで、東海汽船の株主優待券を往復分2枚ゲット。 今年は平年より3日早く6/5(日)に関東甲信越は梅雨入り、海は荒れ気味でヤキモキしながら出発の日を待つ。

■6/26(日) いよいよ出発の日。 夕方に東海汽船のHPを見ると、、、「条件付出港」のいつもの☆マーク (^^;;  波高予想を見ると行きは良いが、帰りが何だか怪しい様子。 19:10 宿に事前の電話確認、特に問題なく、予定通り行く事が決定。

メッシュバックを折りたたみ式キャリーカートに括り付け 21:40 浜松町駅へ。 竹芝方面の北口改札は階段しかなく、南口改札を出て右側、モノレール方面のエスカレーターを降り、左側のエレベーターで地上に降りれば、多少回り道になるが完全バリアフリー。

途中のコンビニで翌日の朝食を買いながら、駅から歩いて約10分で竹芝桟橋に到着する。 Web購入画面を印刷した紙を渡して乗船券を受け取り、株主優待券35%割引との差分¥1,530を返金される。

22:15「橘丸」に乗船、22:30 出港。 特2等のカーテン付きの二段ベッド、腰痛持ちに優しい (^^;; 薄手のマットレス。 しばしデッキでレインボーブリッジなど夜景を眺め、23:30 に消灯となる。

■6/27(月) 多少揺れがあり、折角の船内エレベーターも使用禁止、4:50 三宅島に寄り、定刻通り 5:55 御蔵島へ到着、やや南風あり、桟橋の北側へ着岸。 港から車で3〜4分、3部屋の民宿「次郎丸」へ到着、持参した朝食を食べてひと休みする。

7:50宿を出て、8:00広瀬船長の「海青丸II」で出港。 ゲストは、別宿の台湾からの取材クルー2名を含めて5名、天気は晴れ、多少の波とうねり、周囲5kmの島を左回りに一周、イルカ探しに向かう。

黒潮がまだ来てなく、何か生物的な浮遊物も多く透明度は10〜15m位、水温20℃、ウエットスーツにインナーベスト、フード、ウエイトは腰に4kg。 2時間でエントリーは10回位、イルカの動きを読んで船長がGOサインをくれるので、素早く入ればイルカとの遭遇率は8〜9割。

良くない透明度でも目立つ、背中に白いシロクマ模様の「小枝枝雄」が今年も登場。 いつもは午前中の方がイルカは活発な感じが多いのだが、今日は素通り系が多め。 宿で冷しうどんの昼食、一休みとなる。

午後は1名増えて6名、島の東は荒れていて西側を半周。 天気は晴れ、差し込む陽光もいい感じ。 何か前にテンションの高まるような事があったのだろうか、急速接近して来て激しく周囲を2〜3回転、慌ただしく通り過ぎて行く2頭のイルカ。 人間の間を縫うように泳ぎ回る、サービス精神満点のイルカも。

一休みしてから島内ドライブ、柘植の木の群生、「鳥の尾」から三宅島や御蔵島港を望む眺望、水汲み場など。 18:10 アシタバや島産食材を使った夕食、食後はガイドの撮っていたビデオを見ながらのログ付け、イルカレクチャーも。

そして大丈夫だろうと思っていた低気圧が、予想外に早くやって来そうとの予報、しかも帰路は着岸率の低い旧船のさるびあ丸。。。  明日は午前中にもう一回ドルフィンスイムし、昼の上り便で帰る予定だったのだが予定を繰り上げ、朝の下り便に乗ってしまう事になり、器材も片付ける。

■6/28(火) 夜中ずっと強い雨風になかなか寝付けなかったのだが、5:30 港へと向かう。 乗船券手続き中、無情にも下り便欠航のアナウンス...(T^T)  優待券の差額を返金、すごすごと宿に引き返す。 早々に午後の上り便の欠航アナウンスがあり、何もする事もなくふて寝。。。

強風吹きやまぬ中、午後は「ふくまる商店」でジェラート、「御蔵島観光資料館」の見学。 里、山、海、島の歴史など様々な展示、ちなみに今年は10頭の赤ちゃんイルカ誕生を確認しているとの事。

■6/29(水) 天気は曇り時々雨、しかしイルカ船は出られるとの事、折角なのでドルフィンスイムに出発。 絡み合いをしているイルカたち、しかし岸近くなので残念ながら入ることは出来ず。 トビウオが数匹滑空するも、ビデオで捉えるのは至難の技。 まだ胎児しわがうっすら残る赤ちゃんイルカも確認。

慌ただしくシャワー、荷造りを済ませ、先に港でチケット変更、「美美庵」でランチ。 12:40 一日遅れ (^^;; の無事の出港、心身共に疲労激しく爆睡、19:45 定刻通り竹芝桟橋に到着した。

■なお今回かかった費用は、東海汽船「竹芝⇔御蔵島」船代 往復14,640円(6月は株主優待券で35%引)、株主優待券2枚 1,722円(送料込)、まるごと御蔵島ツアー24,400円(1ドルフィンスイム、1泊3食付き)、追加ドルフィンスイム2回 18,000円、延泊 6,700円、昼食 600円だった。

前回に続き、まさかの2連続延泊。。。  まぁ今回は、1日伸びた事から、帰路が旧船「さるびあ丸」から新船「橘丸」になった事がせめてもの救いだろうか。 ちなみに今年は宿にスタッフ用のログハウスを新築、来年はいよいよガイドのビデオが代替わりとも!?  ともあれ次回は予定通りの日程で帰れることを望みつつ。。。


  ・ 御蔵島リンク    たまのまるごと御蔵島ツアー 今回利用したツアー
東海汽船 伊豆諸島への航路

東邦航空 島からのヘリコプター

海の天気図 海水温の分布速報
御蔵島村の天気 YAHOO!天気情報

御蔵島村公式HP 島の案内
みくらしま観光案内所 御蔵島観光協会公式ホームページ
御蔵島桟橋カメラ 桟橋の静止画像

DOLPHIN CLUB・TAG 三宅島のダイビングサービス
  


[Home] [Back]  " My Diving Page " by Lonver at 2016/11/5.