■御蔵島8

日 程2010.7.14〜16
内 容3ドルフィンスイム
透明度10〜20m
水 温27℃ ウエットスーツ
見た魚バンドウイルカ、アオウミガメ、ニザダイ、タカベ、等
mk8sima.jpg
You Tube HD動画
(3分21秒)
mk8toku2.jpg mk8sanba.jpg
特2等室桟橋着岸前
boat.jpg mk8manako.jpg
海青丸II眠気まなこ
mk8aomuk.jpg mk8lovin.jpg
海底でスリスリ母子でラビング
mk8come2.jpg mk8baby.jpg
向かって来た2頭生後間もない赤ちゃん
mk8milk.jpg mk8mure.jpg
授乳シーン大群
mk8fuku.jpg mk8jerat.jpg
ふくまる商店コーヒーのジェラート
mk8kouji.jpg mk8inane.jpg
港の防波堤工事稲根神社
デジタルムービー Xacti DMX-HD1A
ワイドレンズ epock DCL-20(55DR)

今年の夏もやっぱり御蔵島かなと漠然と思っていたところ、、、5/10 金券ショップのメッカ(?)の神田に行く機会があり、東海汽船の株主優待券探し。 4月に出回るとすぐに売り切れてしまうそうで、4軒ほど巡り発見、往復用に2枚 \2,000で購入。 しかし去年は同じ頃に、ヤフオクで\1,400(送料込)だったので、ちょっと損 (^^;;  5度目となる「たまのまるごと御蔵島ツアー」に、5/13 メール予約、5/14 東海汽船のチケットをWeb購入する。

7/14(水) いよいよ出発の夜。 梅雨明けで直近の天候は荒れ気味、東海汽船も欠航が多く、西日本では集中豪雨による被害がでるも、この日の関東は晴天。 東海汽船のHPを見ると条件付出港の、いつもの☆マーク(^^;;  メッシュバックを折りたたみ式キャリーカートに括り付け 21:30 浜松町駅へ。 途中のコンビニで翌日の朝食を買いながら、駅から歩いて約10分で竹芝桟橋に到着、Web購入しておいた乗船券を受け取り、株主優待券の割引分を返金される。 22:10 かめりあ丸に乗船、22:20 出港。特2等のカーテン付きの二段ベッド、硬い床で毛布1枚付き。しばしデッキで夜景を眺め、23:30 に消灯となる。

7/15(木) 5:00 三宅島に寄り、6:05 御蔵島へ無事着岸する。 港から車で3〜4分、5部屋の民宿「次郎丸」へ到着、持参した朝食を食べて一休み後、8:50 港へと向かう。

ガイド1名に客は6〜8名位、広瀬船長の「海青丸II」で 9:00 出港。 天気は日焼けが心配な位のピーカン、波は珍しく凪状態、周囲16kmの島を右回りに半周、イルカを探しに向かう。 数日前は離れてしまっていたという黒潮が復活、透明度は10〜20m位、水温は27℃、ウエットスーツでウエイトは3kg。 およそ2時間でエントリーは7〜8回位、イルカの動きを読んで船長がGOサインをくれるので、素早く入ればイルカとの遭遇率はほぼ100%。 海底の岩や海藻に背中をスリスリしているイルカたち、オスのお腹からナニがニョキッと出ているのはなぜ!? (^^ゞ  ボートに戻る直前、眠気まなこのイルカがすぐ側に、こちらをチラッと見てくれ近づくと、周囲をグルッと2周ほど回ってくれた。 母イルカ(カンザシ)の胸ビレをラビングしている生後3ヶ月ほどの子イルカ。 いつもは1〜2匹しか見ないウミガメが、今回は5〜6匹と多め。 ニザダイやタカベの群れも。

宿で昼食、休憩後、2回目は 14:00 出港。 右回りに探すもなかなかイルカは姿を見せず、黒潮の結構なうねりの中、そのまま島を半周。 元根を過ぎた辺りでようやく発見、エントリーするといきなりの大群。 すると、体に胎児線のシワシワがまだ残る生後2〜3日らしき赤ちゃんイルカ、母イルカはりんごちゃんとの事。 授乳シーンも目撃。 この母子を取り巻くように十頭程のオス達、同じところを行ったり来たり、何だか妙な雰囲気。 タコを捕獲して遊んでいるオスたちも。 この後は、荒れた海で何度もジャンプをするイルカたち、船酔いする人も続出で3回程のエントリーで早めの帰港。

夕方は、ふくまる商店で人気のジェラート(\350/6種)。 夕食には、定番の明日葉や、船長から差し入れて頂いたカツオの料理も。 夜はスターツアー、港の桟橋先端で寝そべり星の観察、北斗七星は分かるものの、後はちんぷんかんぷん (^^;;

7/16(金) 疲れたとは言え、前夜は 21:30 と早くに寝過ぎてしまい、4:00 頃からカラスがうるさく完全に目が覚めてしまう。 朝食前に稲根神社や集落を散歩、港の桟橋脇の防波堤工事、桟橋と同じ位の長さに作るらしいものの、最近は高波と言うより、強風によって着岸できない事の方が多いそうで、果たしてどれだけの効果があるのか疑問なのだとか。

7:00 朝食、この朝に到着した人も加わり、3回目は早めの 8:30 出港。 大きな群れがくるも、バラけてしまい迷ってる内に通り過ぎてしまう。 深いところを静かに移動している2頭、ガイドが潜るとまるで呼び寄せられたかのように浮上。 聞いてみると、こちらに興味がありそうな僅かな仕草を感知したからとの事。 コバンザメの付いたまだら模様のイルカ、と思ったら、吸い付かれて皮膚がただれてしまった状態だそうで、イルカにとってコバンザメは迷惑者。

禁煙で冷房の効いた「ふくまる商店」でハヤシライス(\600)と水出しオーレ(\300)のランチ。

船の到着が早まったとの島内放送、慌てて荷造りし、靴を履くと、、、ナント! 右靴の中にタランチュラばりの大グモ(アシダカグモ!?) (+o+)  12:30 宿を出て港へ送ってもらい、待合室2Fで乗船受け付けし、桟橋で待つ。 かめりあ丸は強風か潮に流されつつも無事に着岸、13:05 乗船、13:10 出港した。 疲れからほぼ寝たまま (^^;;、20:45 定刻より15分早く竹芝に到着、22:30 帰宅した。

なお今回かかった費用は、東海汽船「竹芝⇔御蔵島」船代 往復 20,820円(特2等片道 13,870円が7月は株主優待券で25%引で10,410円)、株主優待券2枚(金券ショップ) 2,000円、まるごと御蔵島ツアー 23,640円(1ドルフィンスイム、1食付き、リピーター価格)、追加2ドルフィンスイム 17,800円だった。

多少のうねりはあったものの黒潮に恵まれ、晴れた時の透明度は抜群、生後間もない赤ちゃんイルカをはじめ、たくさんのイルカに逢えて大満足。 しかし天気は恨めしい程のピーカンで例年の7月にはない感じの暑さ、食欲も落ち、一気に夏バテになってしまった程。 事前に区民プールに3回程行って、25mドルフィンキックなど練習したものの、年々の体力の衰えは明らか (T^T)  次回こそきちんと基礎体力をつけて、もっとイルカの下にも回り込んで行けるようにしたいものである。


  ・ 御蔵島リンク    たまのまるごと御蔵島ツアー 今回利用したツアー
東海汽船 伊豆諸島への航路

海の天気図 海水温の分布速報
御蔵島村の天気 YAHOO!天気情報

御蔵島村公式HP 島の案内
みくらしま観光案内所 御蔵島観光協会公式ホームページ
DOLPHIN CLUB・TAG 素潜りの練習、御蔵ツアー
  


[Home] [Back]  " My Diving Page " by Lonver at 2010/7/24.